10年で3.5倍!2017年ジャカルタの最低賃金とは

ジャカルタ最低賃金

近年はインドネシアスタッフの人件費が高騰しています。

最低賃金は、地域(州別)で定められています。これを守っていない企業があるのも事実ですが、しっかりと把握しておいたほうが良いです。

ジャカルタは、この10年で3.5倍も増加しています。

今回は、ジャカルタの2017年の最低賃金についてまとめました。

州別の最低賃金表

州名最低賃金前年比
アチェ州2,500,000ルピア+18.01%
北スマトラ州1,9601,354ルピア+8.25%
西スマトラ州1,949,284ルピア
+8.25%
リアウ州2,266,723ルピア+8.25%
ジャンビ州2,063,949ルピア+8.25%
ブンクル州1,737,423ルピア+8.25%
南スマトラ州2,388,000ルピア
+8.25%
ランプン州1,908,447ルピア+8.25%
バンカブリトゥン州2,534,673ルピア
+8.25%
リアウ群島州2,358,454ルピア+8.25%
バンテン州1,931,180ルピア+8.25%
ジャカルタ特別区3,355,750ルピア+8.25%
ジョクジャカルタ特別州1,337,645ルピア+8.25%
西部ジャワ州1,420,624ルピア
+8.25%
中部ジャワ州1,367,000ルピア
+5.33~18.52%
東部ジャワ州1,388,000ルピア
+8.25%
バリ州1,956,727ルピア
+8.25%
西ヌサテンガラ州1,631,245ルピア+10.0%
東ヌサテンガラ州1,525,000ルピア+7.02%
西カリマンタン州1,882,900ルピア+8.25%
南カリマンタン州2,258,000ルピア+8.25%
中カリマンタン州2,227,303ルピア+8.25%
東カリマンタン州2,339,556ルピア+8.25%
北カリマンタン州2,354,800ルピア+8.25%
ゴロンタロ州2,030,000ルピア+8.27%
北スラウェシ州2,598,000ルピア+8.25%
中スラウェシ州1,807,775ルピア+8.25%
東南スラウェシ州2,002,625ルピア+8.25%
南スラウェシ州2,435,625ルピア+8.25%
西スラウェシ州2,017,780ルピア+8.25%
マルク州1,925,000ルピア+8.45%
北マルク州1,975,152ルピア+17.48%
パプア州2,663,646ルピア+9.39%
西パプア州2,416,855ルピア+8.04%
(この表は並び替えができるようになっています。)

このように労働省が発表したデータによれば、全国34州の地域別の2017年の最低賃金は、ジャカルタが圧倒的に高いことがわかります。

高いといっても、日本円に換算すると3万円に満たない金額です。

インドネシアが首都のジャカルタを中心に、経済が発展していることが何となくわかりますね。

ジャカルタの最低賃金の推移

年度最低賃金
2004年671,550ルピア
2005年711,845ルピア
2006年819,100ルピア
2007年900,560ルピア
2008年972,604ルピア
2009年1,069,865ルピア
2010年1,118,000ルピア
2011年1,290,000ルピア
2012年1,529,150ルピア
2013年2,200,000ルピア
2014年2,441,301ルピア
2015年2,700,000ルピア
2016年3,100,000ルピア
2017年3,355,750ルピア

首都ジャカルタだけで、最低賃金の推移をチェックしてみました。

驚くことに、この10年で3.5倍も増加しています。

日本のコンビニで例えると、仮に、時給800円だったのが、10年で時給2,800円になっているというイメージですからね。

いかにジャカルタがこの10年で急成長しているのかがわかりますね。

最低賃金とサラリー相場

最低賃金は、あくまでも参考にしかなりません。

IT業界では、サラリーの相場は、すごい高くなっていました。

2014年頃に、いろいろなエージェントや、経営者と情報交換しましたが、サラリーは業界によって、すごく違うことを知りました。

最低賃金が3,355,750ルピアだからといって、サラリーを約倍の7,000,0000ルピアを出せば、良いスタッフが採用できるかと言われたら、そうでもありません。

逆に、高いサラリーも求めてくる人は優秀か?と言われたら、それもまた違うのですが。

 

何を言いたいか、というと、

最低賃金は、あくまでも目安で、ジャカルタでビジネスをするなら、相場サラリーをしっかりと知っておいた方が良いということです。

引き抜きの心配があったので、わたしは自社社員のサラリーを絶対に教えませんでしたが、業界によってかなり違うので、最低賃金と相場サラリーは、しっかり把握しておいた方が良いかと思います。

まぁ、とりあえず、ジャカルタは、東京と違って、最低賃金もサラリーの相場も、右肩上がりですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です