【ジャカルタのカーフリーデーの時間と場所】無料で運動不足を解消しよう

カーフリーデー

ジャカルタでは毎週日曜日にカーフリーデーという歩行者天国エリアがあります。

ジャカルタにいる日本人は、運動不足だと思います。

そんなことに悩んでいたら、カーフリーデーに参加してみてはいかがでしょうか?

今回は、カーフリーデーの開催時間や開催場所などをまとめました。

カーフリーデーとは

ジャカルタの道路は、いつも大渋滞で歩くことや自転車で移動することなんてできません。

そこでインドネシア政府は2012年より毎週日曜日の朝は、ジャカルタの中心部の道路(約6キロ)を規制し、歩行者天国にして、一般市民が楽しめるように開放しています。

ジャカルタに住んでいれば、なかなか運動することもできませんが、このカーフリーデーでは、ジャカルタの中心部をウォーキングやサイクリングしながら、汗をかいて楽しめるイベントになっています。

開催期間中は、車道を規制し、トランスジャカルタ(バス)と緊急車両以外の車両は通行できません。

カーフリーデーの開催時間

カーフリーデーは、2007年から開始されましたが、定期的に開催されるようになったのは、2012年からです。

毎週日曜日の朝6時~11時までです。

カーフリーデーの開催場所

carfreeday

カーフリーデーが行われているのは、タムリンの噴水広場からfxモールまでの、タムリン通りとスディルマン通りまでの約6キロです。

徒歩だと、タムリンの噴水広場からfxモールまで、1時間18分で行けるので、往復でも3時間ぐらいで歩くことができます。

タムリンの噴水

タムリンの噴水

タムリンの噴水広場は、ジャカルタの中心部として有名な場所です。

近くにはモナスの塔や、政府機関のビルが多くあります。

FXモール

fxモールは、JKT48の劇場があるショッピングモールがあります。

また近くにはスミットマスという日系企業が多く入居するビルもあります。

タムリン通り

タムリン

タムリン通りには、サリナデパート、プラザインドネシア、グランドインドネシアなどのショッピングモールや、日本人出張者が宿泊するプルマンホテル、そして日本大使館などがあります。

スディルマン通り

スディルマン

スディルマン通りには、ビジネスビルのUOBやミッドプラザ、交通の中心部のスマンギの交差点、ショッピングモールのパシフィックプレイスなどがあります。

カーフリーデーに参加するためには

カーフリーデーは、日曜日の朝6時~11時まで車両が規制されているので、この開催期間中ならいつでも参加することができます。

料金はもちろんかかりません。無料です。

ランニングウェアを着ている人もいれば、コスプレしている人まで、様々な格好で、みなさん楽しんでいます。

ジャカルタは暑いので、できるだけ汗をかいても大丈夫な服装が良いと思います。

カーフリーデーの参加方法

ウォーキング

ウォーキング

ほとんどの人が、このようにウォーキングしています。

ローラースケート

ローラースケート

ローラースケートを着用して、カーフリーデーのスディルマン通りを楽しんでいる人もいます。

サイクリング

サイクリング

サイクリングを楽しんでいる人もかなり多くいました。ジャカルタで自転車を乗る機会は、カーフリーデー以外にはないと思います。

犬の散歩

犬の散歩

このように犬の散歩をしている人もいます。普段はどこで散歩しているんですかね?

体操

カーフリーデーの様々な場所で、このように集団で体操をしている人たちもいます。

ヨガをしている人もいました。

なぞの後ろ歩き

なぞの後ろ歩き

このように後ろ向きで手をついて歩いている集団もいました。こんな参加の仕方もありです。

座って音楽を楽しむ

音楽

いつもは渋滞している道に腰掛けて、音楽を楽しんでいる人もいます。

偽ドラえもんと写真撮影

ドラえもんと記念撮影

カーフリーデーの様々なところに、このようなコスプレをした人がいて、そこで写真を撮影している人も多くいます。

子供にとっては楽しいんでしょうね。

警官と写真撮影

ポリスと記念撮影

警備をしている警官と写真撮影をしている人は非常に多かったです。

やはり憧れの職業だから、警官はヒーローなんですね。

バスに乗って楽しむ

緊急車両

カーフリーデーの雰囲気だけ楽しみたい人は、冷房が効いているバスに乗って楽しむこともできます。このバスはトランスジャカルタというもので、カーフリーデーでも、このトランスジャカルタと、緊急車両は通行することができます。

カーフリーデーでショッピング

ドリンク

ドリンク

カーフリーデーでは、水分補給が欠かせません。

でもわざわざ水分を持ち歩かなくても、さまざまな場所でドリンクを販売しています。

ちまき(クトゥパット)

クトゥパット

お腹が空いたら、クトゥパットという、ちまきがおすすめです。おむすびのようなものです。

揚げ物(ゴレガン)

ゴレガン

ジャカルタの屋台といえば、絶対にある揚げ物ですが、カーフリーデーでもいたるところで販売しています。

おかゆ(ブブルアヤム)

ブブルアヤム

お腹が空いた人は、ブブルというおかゆがおすすめです。アヤムというのは鳥の意味なので、直訳すると鳥粥ですね。

グッズ

モバイルグッズ

スマホの充電器やステッカーなど、グッズもたくさん販売しています。

写真を撮れなかったですが、Tシャツなども販売しています。

フルーツ(ルジャック)

ルジャック

カーフリーデーといえば、このルジャックがおすすめです。

マンゴーやパイナップルなどのフルーツをその場で切ってくれて、トラシという激辛ソースにつけて食べるものです。

ルジャックは、インドネシアの有名なスイーツです。

わたしは、カーフリーデーに参加したら、毎回ルジャックは食べていました。

カーフリーデーを楽しもう

カーフリーデーは、毎週日曜日に開催されていて、多くの人が参加している楽しいイベントです。

運動不足を感じているなら、スディルマン通りを少しでも歩いてみてはいかがでしょうか?

 

あの仲川遥香もカーフリーデーを楽しんでいるようですよ。

カーフリーデーには、いろいろな人たちがいますし、いろいろな食べものも楽しめます。

軽くジョギングやウォーキングして、ルジャックを食べるのもおすすめです。

インドネシア料理【甘辛フルーツ盛り】屋台で『ルジャック』を食べてみた

2017.10.26

本当に運動不足の解消にもなりますし、ストレス解消にもなります。カーフリーデーで、日本人には遭遇したことは、あまりありません。

ぜひ週末にジャカルタにいる方は、一度は参加してみることをおすすめします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です