ライオンが首を吊る『スラバヤ動物園』の現状

スラバヤ動物園の現状とは

スラバヤにある動物園『Kebun Binatang Surabaya(インドネシア語表記)』は、東南アジア最大規模の動物園です。

スラバヤ動物園は、『ライオンが首を吊って自殺した』『死の動物園』『動物が虐待されている』『動物愛護団体に閉鎖を迫られている』と悪評高かったので、実際に行って確認してきました。

スラバヤ動物園の基本情報

スラバヤ動物園は、1916年に開園され、現在はスラバヤ市が管理する、東南アジア最大規模の動物園です。

インドネシア政府が年間数十億ルピアを支給しているにもかかわらず、管理体制に問題があったり、動物虐待の疑いもあるという、悪い評判で有名な動物園です。

スラバヤ動物園は死の動物園といわれている

スラバヤ動物園は、経営陣の対立が原因で、動物の飼育がおろそかになっていることが問題視されています。

その結果、この数年で絶滅の危機がある希少な動物を含め多くの動物が死んでしまっています。

2014年1月には、ライオンが檻の中のワイヤーで首を吊って死んでいたのが発見されました。
(※自殺したのではなくワイヤーに絡まった事故とのこと)

このショッキングな出来事は、『ライオンが首吊り自殺した』と世界中で報道され、スラバヤ動物園は大きな批判にさらされました。

またスラバヤ動物園は過去に、オラウータン『トーリ』にタバコを吸わせて客寄せしていたことがあり、以前から動物を虐待していると批判されていました。

このような状況から、動物を飼育することより商業主義に走っていると、複数の動物愛護団体から、動物園の閉鎖を求められています。

参考: ライフネシア

スラバヤ動物園の場所

スラバヤ動物園は、ジュアンダ国際空港の北西にあり、空港からはクルマで25分ほどで行けます。

スラバヤの中心部よりは南に位置するダルモというエリアにあります。

スラバヤ動物園の営業時間

スラバヤ動物園の営業時間は、7時~17時です。

スラバヤ動物園の入場料金

スラバヤ動物園入場料金

スラバヤ動物園の入場料金は15,000ルピアです。日本円で約130円前後です。

85センチ以上の人(つまり大人)の表示があったのですが、85センチ以下の子供は無料なのかもしれません。現地で確認するのを忘れてしまいました。

入場

このように85センチ以上か、入場ゲートでチェックされます。

入場制限

チケット購入後は、手首に着用するのがルールのようです。

チケット

しっかりと手首に着用しました。

チケット着用

スラバヤ動物園のレポート

象やキリンなど大型動物がいた

象

スラバヤ動物園には、象やキリンなどの大型動物がいて、インドネシア人の子供たちが見ていました。

キリン

写真だと大きく見えないかもしれませんが、現地ではとても迫力がありました。

人気の動物はコモドドラゴンらしい

人気コモドドラゴン

スラバヤ動物園は、最強の動物といわれているコモドドラゴンが見ることができます。

これがいまのスラバヤ動物園の売りのようで、多くの観光客が写真を撮っていました。

凶暴さは現地ではわからなかったですが、恐竜の生き残りと言われている動物のようで、かっこよかったです。

スラバヤ動物園は広すぎて歩き疲れた

スラバヤ動物園広さ

スラバヤ動物園は、とても広い動物園で、全部まわるのに3時間かかりました。

これだけ広い動物園だと、全部の動物を見てまわるのは、暑さもあってかなり大変だと思います。

トイレは有料だけど汚くてクサかった

スラバヤ動物園のトイレは有料でした。

トイレ

トイレの中はさすがに写真を撮りませんでしたが、汚くニオイもかなり強かったので、普通の日本人はトイレできないと思います。

トイレには貼紙がありました。

KENCING:小便の意味
BAB:大便の意味
MANDI:お風呂の意味

このMANDIというのはお風呂の意味ですが、ここで水浴びでもするのでしょうか?

ちょっと、ここでお風呂という意味が私には理解できませんでした。

ちなみに、大便のトイレットペーパーは、一応ついていました。

屋台のようなレストランがあった

レストラン

スラバヤ動物園の中には、写真のような屋台風のレストランがいくつかありました。

値段も非常に安いようです。

ただ動物園のニオイがかなりキツく、ここで食事をする気にはなれませんでした。

水族館はお休みだった

水族館は中止

スラバヤ動物園の中に、水族館のような入り口がありましたが、閉鎖されていました。

これはたまたま休業日なのか、水族館は廃業したのか、わかりませんでした。

もし営業していてもお化け屋敷のようなオーラがあって、入りたいとは思えません。

ペリカンが檻に押し込まれていた

ペリカン

スラバヤ動物園には、ペリカンもいました。

でもこの檻には、ペリカンが押し込まれているというような状況で、しっかり飼育されているとは言いがたい感じでした。

これがウワサの動物をしっかり飼育できていないという現状でしょうか。動物愛護団体が怒るのもわかる気がします。

鹿の血にショックをうけた

鹿1

スラバヤ動物園には鹿もいました。

鹿2

だけど、角を切ったようで、血を流していたのはショックでした。

これは飼育上必要なことなのかもしれませんが、これを子供が見たら、絶対に悲しむと思いました。

そもそも、こうならないようにできないものかと、少し考えてしまいました。

スラバヤ動物園の総合評価

スラバヤ動物園

スラバヤ動物園はとても広い動物園で、全部まわるのはとても大変でした。

広すぎる動物園で、東南アジア最大の動物園というのが良くわかりました。

スラバヤ動物園が、死の動物園といわれているのを、この目で確かめましたが、わたしには動物が元気なさそうに見えました。

そして、スラバヤ動物園に行って良かった。とは思えませんでした。

動物愛護団体が抗議するのも、わかるような気がします。

ジャカルタのタマンミニインドネシアインダーの方がおすすめ

スラバヤの動物園は、わざわざ日本から行くようなところではないと思いますが、スラバヤには他に観光施設のようなものがないので、よほど時間があるならスラバヤ動物園に行けば良いと思います。

スラバヤ動物園は、個人的には、おすすめではないです。

インドネシアで、子供を連れて行けるテーマパークなら、ジャカルタにある『タマンミニインドネシアインダー』の方が全然おすすめです。

ジャカルタのテーマパーク『タマンミニインドネシアインダー』に行ってきた

2016.01.19

興味ある方は、ぜひチェックしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です