ジャカルタで一人で食事できるローカル食堂でイートインしてみた

ジャカルタで一人で食事できるローカル食堂でイートインしてみた

ジャカルタでは早朝からローカル系の食堂が営業しています。

ローカルの食堂は、一人でも食事できるのでおすすめです。

今回はスティアブディの食堂『Rumah Makan Cahaya』の食レポします。

ローカル食堂は一人で気軽に行ける食堂

ローカル食堂は一人で行ける

ローカル食堂は一人でも気軽に行ける食堂です。

タクシードライバーと、Gojekのドライバーという、競合するサービスの人が、このように隣り合って食べているなんて、不思議な光景です。

出勤前の日本人もいた

ローカルの食堂は、ショッピングモールなどに入っている日本料理レストランとは違って、衛生面が心配です。

ハエがとんでいたり、ゴキブリがいることもあります。

でもジャカルタ生活に慣れてしまえば、こういうローカルの食堂でも、普通にご飯が食べられるようになります。

食堂で注文する方法

gadogado

インドネシアのローカル食堂には、このように日本のお惣菜型の定食屋と同じように、作り置きがあります。

わたしはインドネシア語が当時、まったくできなかったので『これ』(ini イニ)と指差しして注文していました。

そして、イートインするので、『ココで食べます。』(makan sini マカン シニ)と伝えます。 

そして『ご飯』(nasi putih)が欲しいか聞かれるので、『うん』(ya ヤ)と答えました。

makan sini

皿に、ご飯と野菜を盛りつけてくれます。

使ったインドネシア語は、

  • 『これ』(ini イニ)
  • 『ココで食べます。』(makan sini マカン シニ)
  • 『うん』(ya ヤ)

だけです。これで終わりです。注文は簡単でした。

このご飯に野菜を混ぜたものは、インドネシアではガドガド(gado-gado)といわれて、野菜のごちゃ混ぜという料理です。

ガドガドを食べてみた

gadogado

料理は、本当に皿に盛りつけてあるだけです。ご飯の上に野菜がのっているだけです。

値段はなんとたったの7,000ルピアです。日本円だと60円前後です。

テイクアウトだと9,000ルピアだったのに、イートインの方が安いんですね。

盛り付けしてくれた量なのか、店員の気分なのか、理由はわかりませんでした。

gadogado (2)

ガドガドは野菜が採れるので、野菜不足が気になる人にはおすすめです。

味は濃くもなく、野菜から染み出たスープが適度にご飯に染みて、あっという間に食べてしまいました。

注文から食べ終わるまで、たったの6分だったので、日本だと吉野家の感覚で、気軽に一人で食べることができますね。

ローカル食堂『Rumah Makan Cahaya』

Rumah Makan Cahaya

今回、テイクアウトした食堂は、スティアブディエリアにある小さな『Rumah Makan Cahaya』という食堂です。

朝7時くらいには営業しています。

スティアブディエリアに住んでいるなら、一度は行ってみてはいかがでしょうか?

Indofood Towerの近くです。

Rumah Makan Cahaya

このようなローカルの食堂は、他にもたくさんありますからぜひ挑戦してみてください。

ローカル食堂でテイクアウトする方法

gadogado

今回、一人で行った食堂『Rumah Makan Cahaya』で、テイクアウトにも挑戦してみました。

ローカル食堂のテイクアウトする方法!朝ごはんをテイクアウトしてみた

2017.12.02

こちらでレポートしていますので、興味がありましたらぜひご覧ください。

ジャカルタはシーフードがおすすめ

seafood

ジャカルタでおいしい料理を安く食べたいなら、サイト管理人は、シーフードが食べれる屋台をおすすめします。

ジャカルタでおすすめの屋台『seafood mulyono 94』がヤバすぎて最高!

2017.07.18

この屋台は、日本人はほとんど知られていません。ぜひ行ってみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です