ジャカルタの話題スイーツ『ROTI CANE KEJU』を食べてきた

ジャカルタ話題スイーツ

インドネシア人スタッフに、ジャカルタで話題のスイーツを教えてもらったら、『ROTI CANE KEJU』をおすすめしてくれました。

ROTI CANE KEJUとは、インドネシア流のパンケーキです。

今回は、ジャカルタの話題スイーツ『ROTI CANE KEJU』を食レポします。

ジャカルタの話題スイーツ『ROTI CANE KEJU』

ROTI CANE KEJU

ジャカルタで話題のスイーツは、『ROTI CANE KEJU』というパンケーキです。

  • ROTI
    パン
  • CANE
    カゴの網
  • KEJU
    チーズ

このように、『ROTI CANE KEJU』は、インドネシア語で、カゴの網のようなパンケーキという意味です。

読み方は、ロティ チャアンエネ ケジューというようです。

ROTI CANE KEJUの調理方法

ROTI CANE KEJU

ROTI CANE KEJUは、鉄板の上で焼きながら、カゴの網目のようにパン生地に傷を入れながら調理していました。

ROTI CANE KEJU

その後、チーズとチョコレートとミルクをたっぷりかけていました。

チーズの量も、チョコレートの量も、ミルク(練乳)の量もハンパ無かったです。

見ているだけで胸焼けがしそうでした。

ROTI CANE KEJUの作り方が動画で紹介されていました。

インドネシア語ですが、これを観れば、どれだけ甘い食べ物なのかわかると思います。

ROTI CANE KEJUを食べてみた

ROTI CANE KEJU

ROTI CANE KEJUは、テイクアウト用に使い捨てできるプラスチックの皿に入れてくれました。

わたしが注文したものはチョコレートが満載にのっているので、ROTI CANE COKLAT KEJUのようです。

これで値段は23,000ルピアでした。日本円で200円前後です。

ROTI CANE KEJU

わたしは甘いものが嫌いではありませんが、ROTI CANE KEJUはいままで食べてきたモノの中で最も甘い料理でした。

ジュースではなく、水が飲みたくなります。

もう二度と食べたくないと思うぐらい、ものすごい甘いです。

これを普通に食べるインドネシア人が信じられません。

ジャカルタでROTI CANE KEJUが食べられるお店

ROTI CANE KEJU

今回、ROTI CANE KEJUをテイクアウトした食堂は、スティアブディエリアにある『Mie Aceh Bang Iwan Depan FOBA』というレストランです。

このレストランは、深夜でもやっていたので、調べたところ、24時間営業のようです。

スティアブディエリアに住んでいるなら、一度は行ったことがあるかもしれない、人気のお店で麺料理がおいしいということで地元でも人気のお店です。

ジャカルタでミーゴレンがおいしいおすすめの屋台『Mie Aceh Bang Iwan』

2017.11.29

ROTI CANE KEJUは、ジャカルタのあらゆるお店でにありますから、ぜひ挑戦してみてください。

インドネシアの屋台スイーツはRUJAKも有名

ルジャックとは

ジャカルタのスイーツなら、ルジャックもぜひ挑戦して欲しいです。

ルジャックは、インドネシア料理としても知られいるフルーツの盛り合わせの食べ物です。

日本人の私が食べてもおいしいです。

インドネシアで大人気の日本人の仲川遥香が、ルジャックを紹介していました。

仲川遥香が、サンバルをつけて食べると言っていますが、これはトラシの間違いですね。

インドネシア料理【甘辛フルーツ盛り】屋台で『ルジャック』を食べてみた

2017.10.26

ROTI CANE KEJUは、ものすごく甘いチーズとチョコのパンケーキですが、サイト管理人はRUJAKの方がおすすめです!

ぜひ話題のスイーツに挑戦してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です