ジャカルタのローカルレストランでパダン料理に挑戦してみた

ジャカルタのローカルレストランでパダン料理に挑戦してみた

インドネシアで食べれる料理のひとつに、パダン料理が有名です。

パダン料理は高級なレストランから、路地裏にあるような小汚いレストランまで様々です。

今回はジャカルタの路地にある『Rumah Makan Duo Sakato Setiabudi Barat』を食レポします。

パダン料理とは

パダン料理とは、並べられた皿に盛られたものの中から、好きなものを少しだけ取って食べるスタイルの料理です。高級なパダン料理のお店では、日本のバイキング形式のような感じです。

またパダン料理は、種類ごとに料理を皿に盛り付けて、ピラミッドのように高く重ねるのが特徴です。

ジャカルタの路地にあるようなローカルレストランのパダン料理は、店頭に見えるように並べてあって、店員に指差しして注文するスタイルです。

Rumah Makan Duo Sakato Setiabudi Barat2

 

牛のアキレス腱や、羊の脳みそなど、日本ではなかなか食べることがない料理ばかりです。

パダン料理の注意点

Rumah Makan Duo Sakato Setiabudi Barat

ジャカルタの路地にあるようなローカルのレストランは、ショッピングモールなどに入っている日本料理レストランとは違って、衛生面が心配です。

ハエがとんでいたり、ゴキブリがいることもあります。

でもジャカルタ生活に慣れてしまえば、こういうローカルの食堂でも、普通にご飯が食べられるようになります。

写真の左上にあるボウルは、手を洗う水です。飲み水ではありません。

パダン料理は、基本的に素手で食べるらしいですが、わたしにはスプーンとフォークを出してくれました。

パダン料理を食べてみた

Rumah Makan Duo Sakato Setiabudi Barat

写真の手前のオレンジ色の肉は、牛の横隔膜部分の肉です。独特な噛み応えでニオイがキツイです。

写真の右側の肉は、水牛の肉をカレーで煮ています。ちょっと固めですが、慣れるとおいしくなります。

全体的に味がないわけではないですが、塩味が欲しくなる感じでした。

気になる値段ですが、この一皿で20,000ルピアでした。

日本円で170円前後です。

とても安いですね。

ジャカルタの路地にあるパダン料理『Rumah Makan Duo Sakato Setiabudi Barat』

Rumah Makan Duo Sakato Setiabudi Barat

今回パダン料理を提供しているローカルレストランは、スティアブディの路地にある『Rumah Makan Duo Sakato Setiabudi Barat』というレストランです。

スティアブディエリアに住んでいるなら、一度は行ってみてはいかがでしょうか?

Indofood Towerの近くです。

Rumah Makan Cahaya

このようなローカルの食堂は、他にもたくさんありますからぜひ挑戦してみてください。

ローカルのレストランでテイクアウトする方法

gadogado

今回のパダン料理のレストラン『Rumah Makan Duo Sakato Setiabudi Barat』の隣にある食堂『Rumah Makan Cahaya』で、テイクアウトにも挑戦してみました。

ローカル食堂のテイクアウトする方法!朝ごはんをテイクアウトしてみた

2017.12.02

こちらでレポートしていますので、興味がありましたらぜひご覧ください。

ジャカルタの屋台ならシーフード屋台がおすすめ

seafood

ジャカルタでおいしいご飯を食べたいなら、シーフード屋台はいかがでしょうか?

サイト管理人が、ジャカルタで最もおすすめするお店です。

ジャカルタでおすすめの屋台『seafood mulyono 94』がヤバすぎて最高!

2017.07.18

こちらは、日本人はほとんど知らないと思います。ぜひ興味があれば行ってみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です